葬式のハンカチは何色?白?黒?デザインは?男女別で解説!

結婚式とは違い、訃報のお知らせは突然やってきます。
お葬式やお通夜では、マナーにとても気を使いますね?。
その中でもハンカチの色を気にしたことはありますか?
葬式のハンカチの色は何色だっけ?白だったか?黒だったか?ついつい忘れがちに・・・
男性と女性で違いはあるのか?どんなデザインまでならOKなのか?
など今回は「葬式のハンカチ」について
詳しくご解説したいと思います。

お葬式のハンカチの色は?

突然の不幸のお知らせに慌ててしまって、マナーに気を抜いてしまった経験がありませんか?
なかでもマナーを忘れがちなのがハンカチです。
ではどんなハンカチを用意すればいいのでしょうか?

正式にはお葬式・お通夜のハンカチは無地の白色が基本です。
日本では亡くなった人を白装束であの世へお送りするため、その白装束とあわせてハンカチは白とされているようです。
しかし、喪服が黒色なので、ハンカチも黒という考え方も浸透してきて。最近では黒のほうが主流となりつつあります。また、袱紗(ふくさ)の色に合わせて、淡い紫やグレーのハンカチを持参する人も見られます。
ハンカチに関しては、服装と違って常に目に入るものではないので、マナーの面でも比較的大らかな扱いをされているのでしょうね。
白のハンカチを持っていない場合は、黒、あるいはグレーや紫などのダーク系の色合いであれば、葬儀に持っていっても問題はないようです。

女性の身だしなみについての良い動画がありましたので載せておきました。

男女の違いはあるの?

では、このハンカチ、男女で違いはあるのでしょうか?
地域や宗教で変わってくるようですが
基本的には男女の違いは無いとすることが多いようです。
出来ることなら、冠婚葬祭などあらゆる場面で使うことのできる無地の白いハンカチや普段使いのハンカチとは別に、葬儀用のハンカチをきちんと用意しておくと良いですね。

ハンカチのデザインは?

フォーマルハンカチと言うと、基本は無地なものが主流ですです。
こちらも最近では、同色の刺繍がほどこされたものやレースの縁取りがついたものなど、多少のバリエーションは許されるようになってきました。
派手な柄物などは論外ですが、色が統一されていて控えめなデザインであれば、人前で使っていても恥ずかしくありません。
葬儀用のハンカチで売られているものを見てみると
男性は無地でシンプルなものが多く、女性は控えめな柄でレースなどがあしらわれたものが売られています。
大人の男性、女性として品があるハンカチを持つように心がけましょう。

こう言うのも上品ですよね!

逆にお葬式・お通夜でのマナー違反になるハンカチは?

特に厳しい決まりがないハンカチですが
きちんとしたマナーを知っていて損はないと思います。
靴やバックなどもそうなのですが
光沢のあるハンカチはマナー違反です。
シルク素材なども光沢があるので控えたほうが良さそうです。素材にかんしては布製品がよいでしょう。
もちろんラメなどキラキラしたハンカチも葬儀の場で用いるハンカチとしてはNGです。
その他には

・カラフルなハンカチ

・ロングタオル

・大きいハンカチ

・派手なハンカチ

・キャラクターが描かれたハンカチ

などはやめておきましょう

まとめ

いかがでしたでしょうか?
お葬式のマナーは他にもいろいろありますが今回はハンカチについてでした。
わたしも若い頃はこう言うことには無頓着で恥ずかしい思いをしたことがたくさんあります。めんどくさいですが冠婚葬祭のマナー知っておくと、いざという時にとても役に立ちますので参考にしてくださいね。
最後まで読んで頂いてありがとうございました。