七五三の初穂料。金額は?のし袋はのりで止める?

七五三の準備っていろいろ準備することがあって大変ですよね。
着物や撮影の準備、その中でも神社へ納める初穂料(はつほりょう)はついつい忘れがちになりやすいです。

今回は、七五三の初穂料の金額やのし袋はどんなものに入れればいいのか・・
納める時の、のし袋はのりで止めたほうがいいか?などについてまとめました。

七五三の初穂料とは?

『初穂料(はつほりょう)』とは元々は神様への捧げ物としての意味もあり、秋にとれたお米や農作物を神様に捧げて、感謝やお願い事をしたことが語源です。
七五三の「初穂料(はつほりょう)」は地域や神社によっては「玉串料(たまくしりょう)」とも言うようですが
七五三では『初穂料』が一般的です。
元々「玉串料」は神社での冠婚葬祭で
お金を渡すときに使うものですので七五三でも問題はありませんがお葬式(通夜祭・葬場祭)で使うことが多いそうなので「玉串料」と明記していないなら、「初穂料」で良いでしょう。では、七五三の「初穂料」はいくら納めるとよいのでしょうか?

七五三の「初穂料」の金額はいくら?

七五三の初穂料の金額の相場は地域によって違いがありますが1人5,000円~10,000円が多いようです。

しかし神社やお寺によって「お気持ちで」の所もあるようですし兄弟で一緒にする場合も2人目からの料金設定があったりするので、先にサイトで調べるか電話などで聞いて調べたりしておくと安心ですよね。

また現金でそのまま受付に払う場合は気にしなくてもいいのですが、のし袋に入れる場合のお金は新札が望ましいのですが、必ずしも新札でなければいけないわけではありません。
シワや折れ曲がりがひどくなければ、気にしなくても大丈夫です。新札がなくどうしてもお札のシワが気になるならばアイロンの低温モードでお札のシワや折れ曲りを伸ばしておくとよいですね。
あと、七五三の「初穂料』のし袋の書き方の良い動画がありましたので載せておきます。

のし袋はのりで止めた方がいいの?

最近では様々な事柄が合理化されていて「初穂料」をそのまま現金で渡すこともあります。
「初穂料」の納め方も変わってきていますが、ちゃんとした納め方を知っておくほうが安心ですよね。
のし袋にお金を入れたあとそれにのり付けしてもいいのか?〆が必要なのか?気になりますよね?
ちゃんとしたのし袋でも封筒に水引が印刷された物でも基本的にのり付けは必要ありません。なので〆も必要ありません。
ただし白封筒や封筒だけのタイプ(水引きが印刷されていない)ものではのり付けしたほうがいい場合もあります。そのときは〆は必要になります。
納める金額が高額で心配かつ封筒のみであればのり付けして〆をしておけば紛失や盗難の恐れはないですよね?
それと、のし袋を購入したときに封シールが入ってる場合もありますよね?入っているなら使ってしまっても大丈夫ですが、基本的に神社やお寺で手渡しで納める物なのでのり付けや〆は必要ないといえるでしょう。

最後に

何かと戸惑う七五三行事ですが、七五三当日は子供の着付けやママも着付けをする場合は、朝からバタバタですので、七五三までに初穂料は用意しておいた方がいいかもしれませんね!
最後まで読んでいただきありがとうございました。